東京都(日野・府中・立川・八王子・多摩・町田など)で建設業許可取得・申請をお考えの方はストレート行政書士事務所へ!

建設業許可について

経営業務管理責任者について

建設業許可の重要な要件の中に、経営業務の管理責任者の常勤性というものがあります。
「経営に携わった経験のある人が常勤でいます。」ということを証明します。

経営業務の管理責任者になれる人とは?

① 許可を受けようとする建設業(業種)に関し
 5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

② 許可を受けようとする建設業(業種)以外の建設業に関し
 6年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

と定められています。
具体的には、法人については「取締役」又は「委員会設置会社における執行役」、個人事業については「個人事業主」又は「営業所の支店長等」の経験を上記年数以上有する者が経営業務の管理責任者になれるということです。

経営業務の管理責任者はお1人で複数の業種を兼ねることもできます。
また、専任技術者と兼ねることも可能です。
建設業会社の役員経験や個人事業主の経験が6年以上あれば、
どの業種についても経営業務の管理責任者となる資格を有していることになります。

メールでお問い合わせ
電話でのお問い合わせ