東京都(日野・府中・立川・八王子・多摩・町田など)で建設業許可取得・申請をお考えの方はストレート行政書士事務所へ!

建設業許可について

建設業の区分(一般と特定)

建設業許可には、一般建設業と特定建設業の2種類があります。
特定建設業の許可の制度は、下請負人の保護のために設けられているもので、
下記のように、
『元請業者が工事の全部又は一部を下請業者に出す場合の下請契約の金額』
によって特定建設業の許可の要否が決まります。

- 下請契約の金額

特定建設業 4,000万円以上(建築一式の場合は6,000万円以上)
※複数の下請業者に出す場合はその合計額
一般建設業 ①4,000万円未満
(建築一式の場合は6,000万円未満)
②工事の全てを自分(自社)で施工


つまり、元請けとして、4,000万円以上の工事を下請けに出す場合は特定建設業の許可が必要であり、下請けに出す金額が4,000万円以下の場合、または、自分で工事を施工する場合は一般建設業の許可を取ります。

メールでお問い合わせ
電話でのお問い合わせ